2014年03月20日

指輪のサイズの測り方

リングサイズが分からない場合、糸や紙テープで測る方法もありますが、当店ではお奨めしていません

指輪のサイズは、下記のようにリングの円周(内周)で決まっているのですが、1号分は、号数にもよりますが、たった1o前後しかないにも関わらず、1号違いでゆるかったり、きつくなったりします。

そうした状況の中で、糸や紙テープなどを使って指まわりを測る方法は、ちから加減ひとつで誤差がでます。ちからを入れすぎると小さくなり、ゆるんだ状態で測ると大きなサイズになってしまいます。特に紙テープなどを使うと紙の厚さで生じる誤差や、ねじれることで、かなり大きく狂います。正確なサイズから3号以上誤差がでることもあります。そうなると果たしてサイズが合っているかどうか分かりません。
(大体のサイズを知るにはよいと思いますが。)

なるべくならリングサイズゲージの使用やアクセサリーショップで計測してもらってください。正確で安心です。(それでも、リングの幅や形状などで誤差はでるのですが)

お近くにアクセサリーショップなく、また、リングサイズゲージもないようであれば、当店も販売、発送していますので、ご用命ください。

IMG_0963.JPG

【日本の指輪のサイズ規格】
1号 40.8mm
2号 41.9mm
3号 42.9mm
4号 44.0mm
5号 45.0mm
6号 46.1mm
7号 47.1mm
8号 48.2mm
9号 49.2mm
10号 50.3mm
11号 51.3mm
12号 52.4mm
13号 53.4mm
14号 54.5mm
15号 55.5mm
16号 56.6mm
17号 57.6mm
18号 58.6mm
19号 59.7mm
20号 60.7mm
21号 61.8mm
22号 62.8mm
23号 63.9mm
24号 64.9mm
25号 66.0mm
26号 66.9mm
27号 68.0mm
28号 69.1mm
29号 70.1mm
30号 71.2mm


posted by ヒロ河原 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 指輪のサイズについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

海外のリングサイズ表

アメリカ・ヨーロッパのリングサイズの表記の仕方と、日本のリングサイズの表記の仕方が異なります。
下記、日本のサイズを基準とした、比較表です。

左から日本サイズ:米国:英国
1 : 1 : C
2 : 2 : D
3 : 2.5 : E
4 : 3 : F
5 : 3.5 : G
6 : 3.5-4 : G-H
7 : 4-4.5 : H-I
8 : 4.5-5 : I-J
9 : 5 : J
10: 5.5 : K
11: 6 : L
12: 6.5 : L-M
13: 6.5-7 : M-N
14: 7-7.5 : N-O
15: 7.5-8 : O-P
16: 8 : P
17: 8.5 : Q
18: 9 : R
19: 9.5 : S
20: 10 : T
21: 10-10.5: T-U
22: 10.5 : U
23: 11 : V
24: 11.5 : W
25: 12 : X
26: 12.5 : Y
27: 13 : Z

※日本のサイズを基準としていますので、多少の誤差はございます。
 あくまで参考としてご利用ください。
※幅の広いリングの場合1サイズ大きいサイズをご指定いただいたほうがよろしいです。
posted by ヒロ河原 at 11:28| Comment(0) | 指輪のサイズについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルティエ、ブルガリのサイズについて

カルティエやブルガリのサイズ表示は、日本のサイズの表記(号数)とは、異なります。

下記、左から日本のリングサイズ、右がカルティエ、ブルガリの表記
7 : 47 
8 : 48 
9 : 49 
10 : 50 
11 : 51 
12 : 52 
13 : 53 
14 : 54 
15 : 55 
16 : 56 
17 : 57 
18 : 58 

※ブルガリのビーゼロワン(Bzero1)などの幅が広いリングの場合、1サイズ大きいくらいをご指定いただいたほうがよろしいです。
posted by ヒロ河原 at 11:22| Comment(0) | 指輪のサイズについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

指輪(リング)サイズについて

>>指に合うサイズは変化する
一番大きい要因は、体重の増減にともなう変化がございますが、
サイズ測定を行う時間帯、季節、体調、さらには、リングの幅や厚みなどの物的な要因で、指輪がきつい、あるいはゆるいと感じることがございます。

■暖かい時期と寒い時期
気温による人体の血管等の収縮や膨張に左右され指のサイズは変化します。
そのため夏に計測したリングが冬にはゆるく感じてしまう、またはその逆という現象をよく目の当たりにします。
冬、寒い時にサイズを選ぶ方にはあまりにもぴったりすぎる物をお勧め致しません。
暖かくなり、血管が膨張するとリングがきつくて指に入らなくなってしまう恐れがあります。
また、夏にサイズを選ぶ場合はその逆の事が起こっている可能性が高いのです。

■体調による変化
靴を買う時は足がむくんでいる夜がいい、といいますが、指のむくみは決して夜とは限りません。
寝起き、お酒を飲んだ後、徹夜明け、という時も指はむくんでいます。
リングを着けて、試している時間が長いと、だんだんにむくみが取れてくる場合があります。
または、体調の良い日に出直すほうが懸命かもしれません。

■幅広のリングと幅細のリング
幅の広いリングはそのリングが指を締め付ける面積によって指に感じるサイズがかなり変わってきます。
普段のサイズより若干大きめになってくるのが普通です。
通常のサイズにはこだわらず、若干考慮してのサイズ決定をお勧めします。

>>実際のサイズ選び
下記のようなポイントを意識してサイズを選びましょう。
・手を振っても抜けないもの
・自分自身でリングを外せるもの
・手をにぎったとき強い圧迫感がないものをお勧めします。


>>リングが抜けなくなった時
まずは、石けんやハンドクリームなどで指輪を滑らせてみて下さい。
この方法で、案外抜けます。
指の関節で止まってしまう場合には、指を軽く曲げ、間接のところまで移動させたリングをもう片方の手で、リングを指の腹側から、関節の外側方向に押して上げつつ、指先の方に移動させると抜けることがあります。
リングが指の肉に食い込んでいるような状態になった際に、糸などで抜く方法が紹介されているサイトも拝見しますが、血管を痛めてしまう可能性があるので、当店ではお勧めしません。こうなった場合には、ご来店いただければ、専用の工具で、修理することを意識したリングの切断をいたします。
 ご来店いただけない場合、消防署などでもリングの切断を行った後、
そのリングを当店へ宅配いただければ、修理いたします。
 ただし、消防署などでのリングの切断は、内側の刻印や、デザインの一部が修復できない場合がございます。
posted by ヒロ河原 at 00:43| Comment(0) | 指輪のサイズについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


access_reform.gif


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。