2014年07月06日

指輪抜けない


指輪抜けない
指輪抜けない.JPG
切り取り
切り取り.JPG
出来あがり
サイズ直し.JPG
地元横浜は港南区からのご来店です、指輪が抜けないので切り取って欲しいとのご希望です。
18金とプラチナのコンビリングになっていますがプラチナがメインで縦に金が張り付いています。
切って取り出してバーナーでのプラチナのサイズ直しをしますと、隣りの金が溶けてしまいます。
レーザー溶接でやれば大丈夫ですのでその方法で伸ばす事にしました。
通常のコンビリング伸ばしの基本料は¥10,000ですがバーナーでも出来る事を考慮して安くしておきました。

金額です(消費税別途)
☆Pt900リング伸ばし¥2,500(0基本料)
☆追加料金¥1,800(特殊対応)
☆特急料金¥1,800(レーザー対応)
☆プラチナ地金3号ぶん¥3,600
☆指輪切り取り¥1,000(¥2,000のところ)
合計¥10,700

posted by ヒロ河原 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サービスの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

ブルガリリングPt950のサイズを大きくする事が出来ました。


ブルガリ結婚指輪
ブルガリ950.JPG
指輪伸ばし機
リング伸ばし機.JPG
御近所は戸塚区からのご来店です.
ブルガリリングPt950のサイズを少し大きくしたいとの依頼です、購入店に相談したが出来ないとの事です。
ブルガリのPt950は当店でも直せないブランドの一つですが、お客様のご理解を頂き(壊れる可能性がある)
伸ばし機にて13.3号ぐらいから14号に大きくする事が出来ました。
もしかしたら火(バーナー)は使えないかもしれませんが、
レーザーでは可能かと思われます、これもやってみなければ何とも言えませんのでやはりご理解を頂いてからの加工になります。

金額です(消費税別途)
☆Pt950リング器械伸ばし¥3,500(0.7号伸ばし)
☆追加料金¥1,800(ブランド品)
☆特急料金¥1,000
合計¥6,300
posted by ヒロ河原 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サービスの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

BEABRICK シルバー925 リング サイズ縮め

     IMG_0907.JPG     IMG_0908.JPG

ビフォーIMG_0906.JPGアフターIMG_0922.JPG
東京都内から大井町店にご来店です。
BEABRICKのシルバー925リングを♯23号から♯20号に縮めてほしいとのご依頼です。

ちなみにBE@BRICKはMEDICOM TOY CORPORATIONというおもちゃメーカーの
ブランド(シリーズ)になります。
銀の指輪も出ているとは知りませんでした。

指輪の後ろ側の表面に
BE@BRICK × HACKFORD&SONGとロゴが入っています。

HACKFORD&SONGは調べたところシルバーブランドでした。

おもちゃメーカーとシルバーブランドのコラボレーションということですね。

今回のサイズ直しはリングの真下ではなく×部分を切って欲しいと指定を受けました。
お客様には
・サイズ直し部分の×近くのロゴが多少消える可能性があること
・楕円になる可能性
を了承していただいて加工に入りました。
今回の指輪はロゴの部分に燻しではなく黒い樹脂のようなものが付いています。
熱で剥がれるかもしれないのでロー付けができません。
ですので、レーザー溶接でのサイズ直しになります。

まずカットする部分に目印を付けます。
IMG_0913.JPG

指輪をカットします。
IMG_0914.JPG

腕をヤットコで曲げて、切り口を合わせます。
IMG_0915.JPG

切り口を合わせるとこのようになります。
IMG_0916.JPG

レーザーで溶接します。
IMG_0919.JPG


指輪の真円を出して
サイズ直し部分のみ仕上げます。
お客様のご希望で全体の仕上げ直しはしません。
今回はロゴを消さずに何とか縮めることができました。

金額です。
☆SV925 サイズ縮め 2,000円(基本料)
         23号→20号
追加料金 幅5mm以上   1,500円
追加料金 特殊リング    1,500円
追加料金 レーザー対応   1,500円
合計 6,500円
※別途消費税がかかります。

posted by ヒロ河原 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サービスの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

サイズ直し(縮め)

購入したリングが指に入らなくなってしまったり、ゆるくなって指になじまなくなってしまったりという経験をお持ちの方が多いと思います。このような場合、リングのサイズを変えることが出来ます。購入した店か河原宝飾に依頼するとよいでしょう。サイズをはかるリングゲージを使ってまずはご自身の指のサイズを測ります。その時に注意点は、たとえば 幅約3mmの甲丸タイプと、幅約7mmの平内タイプがあるとしたら、サイズを測る時、リングの腕の太さで使い分けます。幅の広いタイプの方が半サイズぐらい大きくなります、
サイズ直しはサイズを縮める場合と延ばす場合が有ります。
たとえば、プラチナリングをサイズ13から10に縮めることにします。
まず リングを切断する前に注意しなければならないのは、ロウ目をさがし、そこを切断しなけえばなりません。普通リングの一番下でロウ付けしてますからルーペを使って場所を確認します。
@ロウ目が確認出来ましたら そのロウ目の所を糸のこで切断します。
A3番縮める場合は3mm強切り取ります。その後、ヤットコを使って腕を曲げていきます。この段階では完全な真円にななりません
Bリングのすき間にヤスリ等を使って ロウ付け前にすき間がないようになじませます。
Cフラックスを塗り、ロウを置きます。プラチナや118金は熱伝導率が低いので、一部の宝石をのぞいてそのままロウ付けします。ただ、バーナーの炎が直接宝石にあたったり、長時間加熱したりすることは避けます。
また熱の伝導を防ぐために宝石の部分だけ断熱材でおおったり、水に漬けたりもします。
銀の場合は熱伝導率が高いので、宝石はリングからはずしてサイズなおしをします。
Dロウ付けした箇所の余分なロウをヤスリで取り除き真金棒に入れ、木つちで軽くただき、リングを真円にします。サイズ棒で確認して、バフで仕上げ、完成です。
posted by ヒロ河原 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サービスの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

お問合せから受け渡しまでのサービスの流れ<ご来店の場合>

ステップ1 ご来店
ご依頼の品をお持ちになってご来店ください。
東京大井町店 地図
横浜芹が谷点 地図
※ご来店前にも概算見積もりご連絡することは可能です。フォームにてお問合わせ下さい。

IconEmail.jpe無料見積・お問合わせフォーム

ステップ2 正式見積もりの提示
店舗にてご依頼品を確認しつつ、サイズ直し・加工内容のすり合わせし、その場で正式お見積もりを提示いたします。

ステップ3 サイズ直し・加工
ご注文後、サイズ直し・加工作業に入ります。修理・加工完了まで、納期は、基本10日間としておりますが、出来上がり次第、ご連絡いたします。

ステップ4 お渡し・お支払い
ご来店いただき、完成したジュエリーをお渡しいたします。商品をご確認いただき、現金にてお支払いください。


※当店の修理・加工作業による商品の不備の場合、再修理等は無料にて承ります。当店の修理・加工作業による商品の不備では無い場合は、再修理を通常価格の70%で承ります。
posted by ヒロ河原 at 20:05| サービスの流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


access_reform.gif


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。